沿革

昭和28年 ・林謙三が、個人営業にて非鉄合金鋳造業を創業
昭和32年 ・コマツ殿のご指導により、機械加工設備併設
昭和39年 ・法人組織 株式会社 林兼合金鋳工所に改組
昭和43年 ・合金工場を三反田町に移転
・従来工場を機械加工工場に専用
・従来工場にて巻ブッシュの試作研究開始
昭和45年 ・巻ブッシュ量産化の為、コマツ殿の出資指導を得て、兄弟会社 シガメタル株式会社を設立
昭和46年 ・シガメタル株式会社、営業開始
昭和47年 ・シガメタル株式会社応援の為の栗東工場建設
昭和55年 ・機械工場拡張完了
昭和58年 ・栗東工場をシガメタル株式会社に吸収
・鉄系ブッシュ生産の為、研削盤導入
昭和60年〜平成2年 ・機械工場設備(NC旋盤、研削盤 等)を順次増設し、従来の軸受Assy等に加え、鉄系ブッシュ生産・量産化を計る
平成3年 ・内面研削盤(岡本工作機械製作所製)1台導入
平成4年 ・合金工場において、フラン造型プラントを設置し、多種少量品の生産性向上を計り、現在に至る
平成5年 ・本社機械工場隣地拡張(駐車場・荷積降スペース)
平成6年 ・NC旋盤(ヤマザキマザック製)1台導入
平成7年 ・阪神淡路大震災発生。半壊の被害を受ける
・NC旋盤(ヤマザキマザック製)3台導入
・油溝切機2台導入
・販売管理システム導入
平成9年 ・林 謙三が会長、林 哲生が社長就任
平成10年 ・NC旋盤(ヤマザキマザック製)2台導入
平成12年 ・自動穴明機1台導入
平成15年 ・LPG溶解炉1基導入
平成16年 ・内面研削盤(岡本工作機械製作所製)1台導入
平成17年 ・NC旋盤(ヤマザキマザック製)1台導入
・内面研削盤(岡本工作機械製作所製)1台導入
平成18年 ・NC旋盤(ヤマザキマザック製)1台導入
・M機能付NC旋盤(ヤマザキマザック製)1台導入
・LPG溶解炉1基導入
・新販売管理システム導入
平成19年 ・現場革新活動開始
・新生産管理システム導入
・LPG溶解炉1基補修
・エコステージ認証取得
平成22年 ・書籍「エコ活動ナビ」に弊社の環境保護活動が紹介される
・NC旋盤(ヤマザキマザック製)2台導入
・M機能付NC旋盤(ヤマザキマザック製)1台導入
・自動切断機 1台導入
平成23年

・本社・機械工場を移転
・機械工場を築地工場に、合金工場を合金工房へ名称を変更

平成24年 ・エコステージ認証レベルがエコステージ2へステップアップ
平成26年 ・ISO9001認証取得
・中小企業労働安全衛生評価登録事業場へ登録
平成27年 ・縦型マシニングセンタ(ヤマザキマザック製)1台導入
平成28年 ・三次元測定機(ミツトヨ製)1台導入
・三次元CAD(CADmeister)導入
平成29年 ・鋳造CAE(JSCAST)導入
・内面研削盤(和泉金属製)1台導入
up